MENU

FXGTのレバレッジ|制限や変更方法、計算方法を解説

fxgtレバレッジアイキャッチ

この記事を読んでいるあなたは、

  • FXGTのレバレッジは何倍?
  • FXGTのレバレッジ制限を知りたい
  • FXGTのレバレッジを確認する方法は?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では「FXGTのレバレッジ制限や注意点、確認・変更方法」などについてお伝えしていきます。

なお、日本人トレーダーに人気の海外FX業者については、海外FXおすすめランキングにて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめ比較ランキング14選!人気の海外FX口座一覧【2024年5月最新】 この記事を読んでいるあなたは、 海外FX業者のおすすめランキングを知りたい 海外FX業者の選び方や注意点を知りたい 海外FXと国内FXの違いやそれぞれのメリット・デメリ...

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

目次

FXGTの最大レバレッジ1,000倍|口座タイプや他業者と比較

木のブロックとコインと女性

FXGTの最大レバレッジは1,000倍です。

FXGTではFX業界最大級の1,000倍というレバレッジ倍率で取引することが可能で、少額でも十分な利益を見込めます。

特に仮想通貨FXを最大1,000倍で取引できるのは海外FX業者・仮想通貨取引所のなかでもFXGTのみとなっており、ハイリターンを狙う人にはおすすめです。

ただし常に1,000倍を選択できるわけではなく、取引量によって最大レバレッジは変動するため注意が必要です。

口座タイプごとの最大レバレッジ

FXGTではミニ口座、スタンダード+口座、プロ口座、ECN口座、CryptoMax口座の5種類の口座タイプがあり、用途や目的などに合わせて選ぶことができます。

口座によって最大レバレッジは異なり、初心者から上級者まで様々なニーズ・取引スタイルに合わせて口座を選択することができます。

口座タイプ 最大レバレッジ
ミニ口座 1,000倍
スタンダード+口座 1,000倍
PRO口座 1,000倍
ECN口座 1,000倍
CryptoMax口座 500倍

それぞれの口座の特徴は、

  • ミニ口座:少額取引向き
  • スタンダード+口座:基本口座
  • プロ口座:6日間取引手数料無料で利用できる低スプレッド口座
  • ECN口座:取引手数料ありのネットワークを利用した低スプレッド口座
  • CryptoMax口座:仮想通貨専用の口座

となっており、CryptoMax口座以外は最大レバレッジ1,000倍で取引することが可能です。

他海外FX業者と比較

国内FX業者は金融庁によるレバレッジ制限が適用されているため、最大でもレバレッジは25倍となっています。

トレーダーが損失を出しても、負債が大きくなりすぎないように配慮しているためです。

一方、海外FX業者は日本の規制を受けないため、レバレッジは高くなりやすい傾向があります。

FXGTのように500倍や1,000倍のレバレッジはもちろん、中には無制限のレバレッジで取引できる業者もあります。

海外FX業者 最大レバレッジ
FXGTロゴ

FXGT

1,000倍
XMロゴ

XMTrading

1,000倍
Exnessロゴ

Exness

無制限
AXIORYロゴ

AXIORY

400倍
TitanFXロゴ

TitanFX

1,000倍

FXGTのレバレッジは他の業者に比べて全体的な取引量とレバレッジのバランスが優れており、通貨ペアや株式、株価指数など豊富な銘柄を取引することができます。

特に仮想通貨も最大1,000倍のレバレッジがかけられるのはFXGTのメリットであり、総じて海外取引所・FX業者のなかでもトップクラスの倍率となっています。

そもそもレバレッジとは

悩んでる男性

レバレッジとは、FX業者に入金した資金(証拠金)を担保にして、実際の口座残高以上の金額で取引できる仕組みのことです。

例えば口座残高が50万でも、レバレッジをかければ10倍、100倍、1,000倍の金額で取引できるため、少ない元手で大きな利益を出すことも可能です。

手元にある資金を利用してどのくらいの規模の取引をするかはユーザー自身で決められますが、FXGTでは取引量によってレバレッジ倍率が変動します。

また国内のFX業者ではレバレッジ倍率は最大25倍ですが、海外FX業者の場合は比較的高めのレバレッジが設定されハイリターンが狙えます。

FXGTのレバレッジ規制/制限【銘柄別】

limitの文字とペン

FXGTでは、「ダイナミックレバレッジ」を採用しています。

ダイナミックレバレッジとは、通貨や銘柄、保有ポジション量(取引量)によって最大レバレッジが自動で変動する仕組みです。

他の海外FX業者では口座資金によってレバレッジが制限されたり規制されたりする仕組みとなっているため、他の業者で取引経験がある人は気をけましょう。

銘柄ごとの取引量によってティア1~ティア6の最大6段階に最大レバレッジが設定されており、詳しいレバレッジは後述する表にまとめてありますが、例えばメジャー通貨ペアの場合は

  • ティア1:USD取引量80万ドル未満で最大1,000倍
  • ティア2:USD取引量80万ドル~250万ドル未満で最大500倍
  • ティア3:USD取引量250万ドル以上で最大100倍

となっています。

FXGTではレバレッジは取引量によって自動的に変動するため、通貨ペアや株式、仮想通貨など豊富な銘柄を口座残高を気にすることなく取引することができます。

通貨ペアのレバレッジ規制/制限

FXGTではFX通貨ペアで取引する場合、メジャー通貨・クロス通貨・エキゾチック通貨の3パターンがあります。

それぞれの取引量における最大レバレッジは、以下の表のようになっています。

取引通貨や取引量によってレバレッジは異なるため、注意が必要です。

メジャー通貨ペアのレバレッジ規制/制限

メジャー通貨とは、外国為替市場で特に多く流通している通貨のことで、取引量の多い米ドル、ユーロ、円などを指します。

そのためメジャー通貨ペアとは主要通貨による組み合わせで、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、米ドル/日本円、ユーロ/スイスフランなど9種類あります。

尚、メジャー通貨ペアの他にマイナー通貨ペアも取引可能で、この場合はメジャー通貨ペアに入っている通貨とその他の通貨を組み合わせた通貨ペアを指します。

取引量 最大レバレッジ
80万ドル未満 1,000倍
250万ドル未満 500倍
250万ドル以上 100倍

クロス通貨ペアのレバレッジ規制/制限

クロス通貨とは、ペアとなる通貨どちらにも米ドルは含みませんが、その通貨ペアを取引する際には米ドルを経由して取引することを指します。

例えば「豪ドル/日本円」の場合、日本円で豪ドルを買うのではなく、まず日本円で米ドルを買い、その米ドルを売ってから豪ドルを買うという取引方法です。

なお、ペアとなる通貨を直接買うのは、ストレート通貨ペアと呼びます。

取引量 最大レバレッジ
60万ドル未満 1,000倍
200万ドル未満 500倍
200万ドル以上 100倍

エキゾチック通貨ペアのレバレッジ規制/制限

通貨ペアのうち、メジャー通貨とクロス通貨は最大レバレッジ1,000倍で取引可能ですが、エキゾチック通貨では最大レバレッジは500倍に制限されています。

エキゾチック通貨ペアはユーロや米ドルなどのメジャー通貨とシンガポールドル、メキシコペソなどマイナー通貨、他の通貨を組み合わせた通貨ペアです。

またトルコリラと組まれる場合は最大50倍、スイスフランと組まれる場合は最大200倍にレバレッジが制限されているため気を付けましょう。

取引量 最大レバレッジ
20万ドル未満 500倍
50万ドル未満 200倍
100万ドル未満 100倍
300万ドル未満 50倍
300万ドル以上 20倍

仮想通貨のレバレッジ規制/制限

FXGTのCryptoMax口座は仮想通貨専用となっており、仮想通貨ペア、FXGTが独自開発したシンセティックペア、GTi12指数の50銘柄が取引可能です。

シンセティックペアとは株価指数や貴金属、株式などの金融商品とBTC(ビットコイン)を組み合わせたFXGT独自の仮想通貨銘柄となっており、BTCが主軸なためBTCと同様のレバレッジとなります。

また、CryptoMax口座以外でも仮想通貨ペアの取引は可能で、FXGTで仮想通貨の取引する場合の最大レバレッジは以下の表のようになっています。

CryptoMax口座の主要仮想通貨のレバレッジ規制/制限

CryotoMax口座では主要仮想通貨のうちBTC(ビットコイン)・XRP(リップル)・DSH(ダッシュコイン)・LTC(ライトコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)・ETH(イーサリアム)を扱っており、これらの主要仮想通貨の取引を行う場合の最大レバレッジは500倍となっています。

主要仮想通貨同士の組み合わせ、仮想通貨と主要通貨の組み合わせの銘柄が取引できます。

取引量 最大レバレッジ
5,000ドル未満 1,000倍
1万ドル未満 800倍
5万ドル未満 400倍
10万ドル未満 100倍
20万ドル未満 50倍
20万ドル以上 20倍

CryptoMax口座のマイナー仮想通貨のレバレッジ規制/制限

Cryoto Max口座ではマイナー仮想通貨のうち、ADA(カルダノ)・BNB(バイナンスコイン)・BSV(ビットコインSV)・TRX(トロン)・XLM(ステラルーメン)・XTZ(テゾス)・IOT(アイオタ)・DOT(ポルカドット)を扱っています。

マイナー仮想通貨は米ドルや日本円、ユーロなど主要通貨と組み合わせた銘柄で取引できます。

上記のマイナー仮想通貨の最大レバレッジは500倍となっていますが、銘柄によって最大レバレッジは異なります。

取引量 最大レバレッジ
1万ドル未満 500倍
2万ドル未満 200倍
6万ドル未満 100倍
8万ドル未満 50倍
8万ドル以上 20倍

CryptoMax口座以外の主要仮想通貨のレバレッジ規制/制限

FXGTでは、仮想通貨専用口座のCryotoMax口座以外の4口座でも仮想通貨ペアの取引が可能です。

CryotoMax口座以外で取り扱っている主要仮想通貨は、BTC(ビットコイン)・LTC(ライトコイン)・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)・XRP(リップル)の5銘柄です。

取引量 最大レバレッジ
5,000ドル未満 1,000倍
1万ドル未満 800倍
5万ドル未満 400倍
10万ドル未満 100倍
20万ドル未満 50倍
20万ドル以上 20倍

CryptoMax口座以外のマイナー仮想通貨のレバレッジ規制/制限

Cryoto Max口座以外の4口座でもマイナー仮想通貨の取り扱いがあり、ADA(カルダノ)・DOT(ポルカドット)・XLM(ステラルーメン)が取引可能です。

マイナー仮想通貨は米ドルや日本円、ユーロなど主要通貨と組み合わせた銘柄で取引できます。

取引量 最大レバレッジ
3,000ドル未満 1,000倍
1万ドル未満 500倍
2万ドル未満 200倍
6万ドル未満 100倍
8万ドル未満 50倍
8万ドル以上 20倍

CryptoMax口座のCOINS・SHB・DOG ・DeFi・NFTs銘柄のレバレッジ制限/規制

FXGTのCryptoMax口座でCOINS・SHB(柴犬コイン)・DOG(ドージコイン)・DeFi・NFTs銘柄を取引する場合、取引量に関係なくレバレッジの上限は50倍となっています。

DeFiは分散型金融のことで非中央集権のブロックチェーン上で機能するトークンを指し、NFTとは非代替性トークンを指しています。

現在、LUNUSDの取り扱いは停止していますが、SOL(ソル)・LUNA(ルナ)といった銘柄も同様に最大レバレッジ50倍で取引可能です。

CryptoMax口座以外のCOINS・SHB・DOG ・DeFi・NFTs銘柄のレバレッジ制限/規制

FXGTではCryptoMax口座以外でもCOINS・SHB(柴犬コイン)・DOG(ドージコイン)・DeFi・NFTs銘柄の取り扱いがあり、最大レバレッジは50倍です。

仮想通貨専用口座のCryptoMax口座では取引量に関係なく上限50倍となっていましたが、CryptoMax口座以外の口座では取引量1万ドル未満の場合だけ、50倍のレバレッジが適用されます。

取引量 最大レバレッジ
1万ドル未満 50倍
2万ドル未満 20倍
5万ドル未満 10倍
10万ドル未満 5倍

貴金属CFDのレバレッジ規制/制限

貴金属CFDのレバレッジも、取引量ごとに設定されています。

またFXGTで取り扱いのある貴金属CFDは、ゴールド/米ドル、ゴールド/トルコリラ、シルバー/米ドルの3種類です。

尚、FXGTのゴールドには3~6日間のスワップフリーが適用されています。

取引量 最大レバレッジ
50万ドル未満 1,000倍
200万ドル未満 500倍
200万ドル以上 100倍

エネルギーCFDのレバレッジ規制/制限

FXGTで取引できるエネルギーCFDには、WTI原油(USOil)、ブレント原油(UKOil)、天然ガス(NGAS)の3種類があります。

取引量によってレバレッジは5段階に設定されており、最大100倍での取引が可能となっています。

取引量 最大レバレッジ
20万ドル未満 100倍
100万ドル未満 50倍
500万ドル未満 30倍
700万ドル未満 20倍
700万ドル以上 10倍

株価指数CFDのレバレッジ規制/制限

FXGTの株価指数CFDではJP225、US30、US100、US500、UK100、GER40、FRA40、USI、SVI、AUD200、VIX、IND50、AIIの13銘柄取引でき、レバレッジは取引量によって5段階に設定されています。

SVIはシリコンバレー指数、VIXは恐怖指数、IND50はインド株式50指数、AIIは人工知能指数のことです。

取引量 最大レバレッジ
20万ドル未満 100倍
100万ドル未満 50倍
50万~500万ドル未満 30倍
700万ドル未満 20倍
700万ドル以上 10倍

株式CFDのレバレッジ規制/制限

FXGTの株式CFDでは、APPLEやAmazon、METAなど米国株式を50銘柄取引可能です。

取引量によって制限・規制されるレバレッジが異なるためよく確認しましょう。

FXGTで株式CFDを取引する場合、最大レバレッジは50倍で、取引量が1万ドル未満の際だけ適用となります。

取引量 最大レバレッジ
1万ドル未満 50倍
5万ドル未満 25倍
20万ドル未満 15倍
100万ドル未満 10倍
100万ドル以上 5倍

GTi12のレバレッジ規制/制限

GTi12指数とは、FXGTとグループ業者の仮想通貨取引業者「CryptoGT」が発行している仮想通貨指数で12種類の仮想通貨があります。

GTi12に選ばれた仮想通貨は様々な要素を加味して定期的に更新を行っていますが、取引量によってかけられる倍率が異なるため確認しながら取引を行いましょう。

取引量 最大レバレッジ
2万ドル未満 100倍
5万ドル未満 50倍
10万ドル未満 30倍
20万ドル未満 20倍
20万ドル以上 10倍

FXGTのレバレッジにおける注意点

注意マーク

FXGTのレバレッジにおける注意点を解説していきます。

FXGTのレバレッジにおける注意点
  • ポジションを保有している最中はレバレッジを変更できない
  • 悪質なハイレバ取引は規約違反にあたり出金拒否されるケースもある
  • レバレッジ1,000倍の取引は利益が大きくなりやすいが損失が大きくなるリスクもある
  • CryptoMax口座のみレバレッジの水準が異なる

それぞれ解説していきます。

ポジションを保有している最中はレバレッジを変更できない

FXGTでは、ポジションを保有している状態でレバレッジの倍率を変えることは不可となっているため注意が必要です。

ポジションとはFX取引において通貨ペアを買っている、または売っている状態を意味するため、レバレッジを変えたい際はまず通貨の「売り」「買い」を完了し、ポジションを持っていない状態にしましょう。

もしレバレッジの変更が行えない場合は、自分が現在「売り」「買い」のままではないか確認してください。

尚、FXGTでは5・10・25・50・100・200・500・1,000倍の8段階+自分で任意のレバレッジに変更して取引することも可能で、マイページから設定可能となっています。

悪質なハイレバ取引は規約違反にあたり出金拒否されるケースもある

FXGTでは、悪質なハイレバ取引は規約違反にあたるため出金拒否される場合があり注意が必要です。

例えば、経済イベントのみを狙った取引や裁定取引などが挙げられます。

経済イベントとは経済指標発表や要人の発言時など、価格が大きく変動すると予想されるもので、こうした時だけを狙った取引は規約違反とされています。

裁定取引は「さや取り」とも呼ばれ、複数のFX業者のレートの差額を利用して稼ぐ方法を指し、FXGTでは同じく規約違反となっています。

違反をしたことが発覚すると出金拒否されるケースがあり、最悪の場合口座凍結されるリスクもあるため注意しましょう。

レバレッジ1,000倍の取引は利益が大きくなりやすいが損失が大きくなるリスクもある

FXGTのレバレッジ1,000倍という取引は得られる利益が大きい分、損失も大きくなりやすいリスクがあります。

レバレッジ倍率は高くなるほど1回の取引で得られる利益は大きくなるため、利益だけ見れば魅力的です。

ただ、ハイリターンハイリスクの取引であることは頭に入れておく必要があります。

レバレッジ1,000倍で取引を行い仮に損失が出た場合、あっという間に莫大な損失額になってしまうため十分気を付けなければなりません。

高いレバレッジをかけて取引する場合は、予め損失の許容ラインを決めておくなど資金管理・リスク管理を徹底して行うようにしましょう。

CryptoMax口座のみレバレッジの水準が異なる

FXGTでは、CryptoMax口座のみレバレッジの水準が異なるため注意が必要です。

FXGTでは最大レバレッジ1,000倍となっていますが、仮想通貨専用となっているCryptoMax口座だけは最大でも500倍に設定されています。

現状取引できる仮想通貨ペアは50銘柄となっていますが、定期的に通貨が追加されており今後も新しい通貨が追加されることも考えられます。

1,000倍に及ばないものの、競合他社と比べても圧倒的に高い倍率となっているため十分と言えます。

FXGTのレバレッジを確認する方法

電話してる女性

FXGTのレバレッジを確認する方法は、以下の通りです。

FXGTのレバレッジを確認する方法
  • STEP1.FXGTマイページにログイン
  • STEP2.画面上部「MT4」「MT5」をクリックして確認する

それぞれ解説していきます。

1.FXGTマイページにログイン

まず、FXGTの公式サイトからマイページにログインします。

マイページにログインするには、登録済みのメールアドレス・設定した任意のパスワードが必要で、入力したら下の「ログイン」をクリックします。

もしパスワードを忘れた場合は、入力欄の下にある「パスワードを忘れた方」から再設定の手続きが可能です。

2.画面上部「MT4」「MT5」をクリックして確認する

マイページにログインしたら、マイページ上部にある「MT4/MT5口座」を選びます

選択すると、FXGTで開設済みの有効な取引口座が表示されます。

各口座の中央、レバレッジに表示されている数字が現在適用されているレバレッジです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

FXGTのレバレッジを変更する方法

changeのブロック

FXGTのレバレッジを変更する方法を解説していきます。

キャプション
  • STEP1.FXGTマイページにログイン
  • STEP2.画面上部「MT4」「MT5」をクリック
  • STEP3.変更したい口座の「…」から「レバレッジ変更」をクリック
  • STEP4.希望するレバレッジ倍率に変更

それぞれ解説していきます。

1.FXGTマイページにログイン

まず、FXGTのマイページにログインします。

マイページにログインするには、登録済みのメールアドレス・設定した任意のパスワードが必要で、入力したら下の「ログイン」をクリックします。

もしパスワードを忘れた場合は、入力欄の下にある「パスワードを忘れた方」から再設定の手続きが可能です。

2.画面上部「MT4」「MT5」をクリック

マイページにログインしたら、マイページの上部メニューにある「MT4/MT5口座」をクリックします。

クリックすると、自分がFXGTで保有する有効なMT4/MT5口座が一覧で表示されます。

現在保有中の口座のログイン番号やレバレッジ、残高などを確認できます。

3.変更したい口座の「…」から「レバレッジ変更」をクリック

自分が保有する有効なMT4/MT5口座が表示されたらメニューが開き、レバレッジ変更やパスワードコピー、パスワードの変更、資金移動履歴の選択肢が表示されます。

変更したい口座の右上にある「…」から「レバレッジ変更」をクリックします。

4.希望するレバレッジ倍率に変更

最後に、希望するレバレッジ倍率に変更します。

「レバレッジの変更」をクリックすると、アカウントログイン、通貨、カスタムレバレッジ、要求済みレバレッジが表示されています。

一番下の「要求済みレバレッジ」から変更したいレバレッジ倍率を8段階から選択するか、「カスタムレバレッジ」で1~1,000倍の間で設定して右下「確認」をクリックすれば完了です。

FXGTのレバレッジに関してよくある質問

はてなマーク

FXGTのレバレッジに関してよくある質問を紹介していきます。

FXGTのレバレッジ計算方法は?

FXGTで取引を行うならレバレッジの計算方法を覚えておくと、損益を把握しリスク管理しながら取引することができます。

レバレッジは、

  • リアルタイムの為替レート×取引量(1ロット)÷口座資金

の計算式で求めることが可能です。

例えば、

  • 口座資金:100万円
  • 為替レート:1ドル150円
  • スタンダード+口座:10万通貨

の条件でポジションを保有する場合、「100,000 × 150 ÷ 1,000,000」となり、レバレッジは15倍と求めることができます。

FXGTのハイレバレッジ取引で初心者が意識すべきことは?

FXGTのハイレバレッジ取引で初心者が意識した方が良いのは、以下の通りです。

  • 損切りを徹底する
  • 目標を明確にしておく
  • FX・投資について勉強する
  • 初めから高い賭け金やレバレッジにしない
  • 取引の振り返り・改善を行う

初心者が陥りがちなこととして、目標を設定せずにただ賭け続けることが挙げられます。

FXGTはもちろん投資において利益を出すには勉強は不可欠なため、市場の動向は常に把握し分析をしつつ取引するようにしましょう。

またハイレバレッジ取引は利益が大きくなる分、損失も大きくなるため、損切りを徹底しておくことも重要です。

初心者の場合は少額から始めて、自分なりのやり方や知識が身について、結果が出てきたら徐々に金額やレバレッジ倍率を上げるようにしてください。

FXGTのレバレッジまとめ

summaryの文字を書いてる人

この記事では「FXGTのレバレッジ制限や注意点、確認・変更方法」などについてお伝えしてきました。

FXGTでは最大1,000倍のレバレッジとなっていますが、銘柄や保有ポジション量によっては変動したり、制限・規制されたりすることがあります。

FXGTは、他社と比較しても各口座タイプのレバレッジが高く、どの銘柄でも高いレバレッジで取引することが可能です。

ただし、ハイレバレッジ取引は利益が大きい分、損失が出た場合のリスクも高いです。

また、ポジションを保有中にレバレッジ倍率を変更することはできないため、注意も必要です。

注意点に気を付ければ通貨ペアだけでなく仮想通貨も高いレバレッジで取引できるため、この記事を参考にFXGTの利用を検討してみてください。

なお、日本人トレーダーに人気の海外FX業者については、海外FXおすすめランキングにて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめ比較ランキング14選!人気の海外FX口座一覧【2024年5月最新】 この記事を読んでいるあなたは、 海外FX業者のおすすめランキングを知りたい 海外FX業者の選び方や注意点を知りたい 海外FXと国内FXの違いやそれぞれのメリット・デメリ...

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

目次